Sponser Link

全国のプリスクール・英語幼稚園・英語保育園・英語学童・英語のアフタースクール・インターナショナルスクールの検索ができます。
現在、全国1400以上のスクールを掲載中。
お家の近くのプリスクール・英語幼稚園・英語保育園・英語学童・英語のアフタースクール・インターナショナルスクールを見つけてください!
北海道から沖縄まで、全てのプルスクール掲載を目指して、日々更新しています。

当サイトが本で紹介されました!
当サイト「プリスクールパーク」の紹介が2021年10月27日発売『「好き」になるからぐんぐん伸びる0~8歳までの子ども英語 』(彩図社)に掲載されました。
この本は、兵庫県神戸市のプリスクールリリパット・リトルキンダーの経営者平川裕貴さんの4冊目の著書になります。

とっても可愛らしいイラストとデザインで読みやすく作られています。 英語教育に携わって40年の著者が年齢に合わせたYouTube動画や絵本、歌・手遊びなどの動画を紹介しています。

『成果をあげる子どもに共通してること』『成果をあげる子どもの親御さんに共通していた態度』など、 プリスクールに子どもを通わせたい親にとって、気になるお話もたくさんあり、充実の内容でとってもおすすめの本です。

お子様と英語を楽しむ方法を知って、より実りあるプリスクールライフを!

Sponser Link
PICK UP
兵庫県宝塚市

BL-Kidsインターナショナルプリスクール 

園での生活は全て英語で行う『トータル・イマージョン教育』を通して、さまざまな文化・生活習慣に触れ、こども達は自然に、そして確実に社会協調性・国際性の芽を育てていきます。
兵庫県神戸市

リリパット・リトルキンダー

35年以上にわたる子ども英語教育の経験とノウハウを活かし、さらに幼稚園と保育園の良いところを取り入れながら、世界に通じる考える力や、コミュニケーション能力、さらに、日本人としてのアイデンティティも大切にして、頭と身体と心を育てる英語プリスクールです。
New Arrival
Sponser Link
WEEKLY RANKING
WEEKLY RANKINGをもっと見る
プリスクールとは?

英語のpreschoolは幼稚園や保育園を指していますが、
プリスクールパーク(当サイト)では、主に両親が日本人で英語を家庭で話す環境にない子どもに対して、英語で保育を行う未就学児対象施設をプリスクールとしています。

プリスクールは、保護者が英語を話せる必要はありません。
保育という長時間かつ自然な形で英語に触れ、日本語と同じように習得していくことを目指している施設を指しています。

プリスクールには、幼稚園、保育園、認可外保育所、企業主導型、英会話教室と色々なタイプがあります。

プリスクールは保育園・幼稚園(6歳以下)だけです。インターナショナルスールのように小学校、中学校、高校はありません。

プリスクールの中には、卒園生向けにアフタースクール、サタデースクール、英語学童というコースを作っているところもあります。

プリスクールパークでは、プリスクール(1日3時間以上英語で保育)の他にインターナショナルスクール、アフタースクール(数時間)、英語学童(放課後3時間以上)、サタデースクール(半日〜1日)も掲載しています。

また、プリスクールの少ない地域では、プリスクールとは呼べないまでも、比較的英語に力を入れている幼稚園を紹介していることもあります。

4歳〜12歳からの世界中の子供のためのオンライン英会話

信頼できる外国人講師にイマージョン方式で習いたいという方におすすめなのが、『NovaKid(ノバキッド) 』です。

駅前留学のNOVAとは関係ありません。 アメリカを拠点とした会社が運営しているため、世界19カ国以上の子どもたちに英語を教えている外国人講師が英語のみで教えてくれます。
教師は全員、CELTA、TEFL、TESOL、またはTKTの資格を持っています。

「スタンダード(非ネイティブ講師)」か「プレミアム(ネイティブ講師)」かで料金が変わります。

お絵かきやクイズなどゲーム形式のレッスンが小さい子にとても好評です。

また、プリスクール生の副教材としてもおすすめです。
シャイなお子さんはプリスクールに通っていても、アウトプットがなかなか出来ないということがあります。
そんな時にはオンライン英会話でアウトプットを促してみませんか?

NovaKid(ノバキッド) なら、マンツーマン1回25分を週1回で月々3,760円から、週3回で月々9,600円から。
今なら無料体験1回できます。


19年10月より幼児教育・保育の無償化!

2019年 10月より、幼児教育・保育の無償化が始まりました。

無償化の対象になる施設は、保育園、幼稚園だけでなく、認可外保育所、子ども園、企業主導型保育施設など幅広い施設になります。プリスクールももちろん対象になります。

特に共働き家庭、シングル家庭にとって支援になり、保育料が高いと諦めていた方にとって、プリスクールが選択肢の一つになったと思います。

Sponser Link
プリスクールを選ぶポイントは?

日本語の幼稚園を選ぶときと同じ項目もありますが、プリスクールならではのポイントもあります。 参考までによく言われるポイントをご紹介します。

基本的なポイント
対象年齢
授業料
保育無償化の対象
保育時間
延長保育
スクールバス
給食
園庭・外遊び
年間行事
保護者の役員など負担
無料体験授業

プリスクールならではのポイント
在園児の国籍
教師の国籍
スプリングスクール
サマースクール
子供同士の会話を英語に限定
授業内容
日本語の授業
算数の授業
英検への取り組み
家庭学習について
小学校でも継続可能(英語学童・アフタースクール・サタデースクール)
プリスクールの説明会や無料体験

多くのプリスクールでは、説明会や無料体験(たまに有料もあります)をやっています。できれば複数のプリスクールを比較されるのが良いと思います。
ご家庭とお子様に合ったプリスクールをぜひ見つけてください。
プリスクールパークがそのお役に立てたら嬉しいです。

また、3歳以上のクラスになると定員満員となっているのを見かけます。早めの行動がおすすめです。

よく検索されるキーワード
Sponser Link

検索

Sponser
Sponser Link

Category
Sponser Link
Tag
Sponser Link